2018年度 一般社団法人 常陸太田青年会議所

 

理事長所信

 

瀬谷 政行

 

剛毅(ごうき)木訥(ぼくとつ)

 

~すべての物事に真摯に向き合おう~

 

 

 

『はじめに』

 

 

 

1972年、志高き青年達によって設立された常陸太田青年会議所も47年の歴史を紡ぎ、志高く青年会議所運動や活動に邁進し、地域に根差し地域の方々に寄り添い今日まで参りました。

 

現在も青年会議所運動や活動を進めており、成果となって表れては来ておりますが、残念ながら地域の隅々までは未だ我々の活動が行き届いていないところがあるというのが現状であります。青年会議所という組織やその活動をご存じの方はもちろんのこと、未だご存じではない方々へも運動や活動にご理解頂き、ご協力も仰ぐ。そして、地域に住み暮らす皆で地域の未来を語り合え、共に形にして行く。そんな夢と希望を共有し合える青年会議所を創って参ります。

 

 

 

『新たな仲間を迎える』

 

 

 

どんなに素晴らしい想いを掲げ運動や活動に邁進していっても、一人きりで行動してしまえば、喜びを分かち合う仲間も、意見の交換をする相手も居らず、自分一人だけ動いている、ともすれば独りよがりの寂しいものになってしまいます。数で勝負するというわけではありませんが、行動を起こすとき賛同し共に動いてくれる仲間がいることは、何よりの励みになるのも事実です。一人より二人、二人より三人と、楽しい事も辛い事も共に分かち合い、お互いに切磋琢磨する仲間がいることで、自身への、自身の会社への、そして自身の住み暮らす地域の発展への糧となるのです。現在現役として活動しているメンバーはもとより、入会候補者の方々にも新たなる仲間として様々な交流が増えることで、お互いに支え合うことの出来る仲間がいる、そんな仲間が増えたことがきっかけで、自身の家族や友人知人など様々な方々への更なる感謝の心をも育めるよう、会員拡大を推進して参ります。

 

 

 

『メンバーとしての成長』

 

 

 

 我々は、一青年会議所メンバーとして運動や活動をしておりますが、それ以前に地域で働く一青年です。地域の発展を目指すうえで、避けて通れないのが自身の成長です。地域の発展の一端を担う一青年として企業の発展を目指すことも必要不可欠ですが、その前に個人の成長を成し遂げなければ、どんなに自身の企業や地域を良くしていこうとしても、必ず行く手を阻む大きな壁に当たってしまいます。それは、地域で企業を経営又は労働するということが、地域貢献の側面を持っているからに外ならず、自身の成長が地域発展に直結していることを各々が自覚せねばなりません。それゆえにメンバー個々の成長が成されれば、行く手を阻む大きな壁もものともせず突破出来うる大きな力となるのです。本年も青年会議所ならではの個人の成長の機会を設け、青年会議所メンバーのみならず地域に根差す一青年として、素敵な人間味あふれる経営者としても大きく成長できる場を図って参ります。

 

 

 

『郷土愛を育む』

 

 

 

活動エリアである、県北西部地域(常陸太田市、常陸大宮市、大子町)は、その昔かの佐竹氏が統治されていた大変歴史の深い地域です。本年は我々の活動地域と大変縁も深く日々共にJC運動を展開しております公益社団法人秋田青年会議所との姉妹締結40周年を迎え、自身の地域への歴史や風土風習、そして代々受け継がれてきた礼節を今一度学ぶきっかけを得る年ともなりました。そんな深い歴史を我々青年会議所メンバー含め、様々な方々が現在へと紡ぎ、運動や活動に邁進してまいりました我が県北西部地域ですが、ご多分に漏れず他の地域と同じように日々人口減少の一途をたどり、少子高齢化に歯止めが効かない状況となっております。しかしながらそのような状況のなかにおいても、地域のこれからを担う次世代に歴史や謂れ風土や風習そして礼節を伝えることは、そこに暮らす者の努めであると考えます。新たなメンバーを迎えた本年、その新たなメンバーと共に地域の歴史を深く学び、又、各行政機関とも礼節等の学びの場や歴史教育の場の連携を図り、青年会議所メンバーのみならず、自身の家族や地域の次世代へと広く伝えて参ります。

 

 

 

『結びに』

 

 

 

2018年度をスタートするにあたり、総会員数の半数にあたる多くの新入会員を迎え、文字通り新生常陸太田青年会議所の出発となります。それは即ち、今まで現役として活動してきたメンバーは教えていただいてきた立場から、新たなメンバーへと教え伝えていかなければならない立場へと変化する時が来たということです。長く在籍してきたメンバーは元より、新入会員においても自分の考えや想いを相手に分かりやすく伝えることは容易なことではありません。各事業等に対して楽しみながら、準備をしっかり行い段取り八分の精神で、手法のみならず相手を思いやる力も育んで参りましょう。

 

 

 

 

 

剛毅木訥(ごうきぼくとつ)・・・心が強く、しっかりしていて飾り気のないさま。「剛毅」は気性が強く屈しないさま。意志が強く物事にくじけないさま。「木訥」は無口で飾り気がないさま。無骨なさま。

理事長所信