研修委員会

 

 

 

委 員 長 生田目 攻

                                   副委員長 冨岡 竜弥

 

 

【基本方針】

 

我々を取り巻く社会情勢は日々、目まぐるしいスピードで変化し、インターネット、テレビ、SNSなどから簡単に情報を得られる代わりに、間違った情報をも得てしまう時代となりました。もし間違った情報を信じてしまえば先入観から固定観念へとなり、正しい判断が難しくなってしまいます。物事の本質を見抜き、社会変化のスピードについて行けない会社や団体は何れ淘汰され衰退していくに他なりません。その様な時代だからこそ、JCは目の前の物事に1つずつ対応し変化し続けていかなければなりません

 

全ての建物には基礎が必要です。その基礎がしっかりしていなければ建物は不安定になり、やがては倒壊してしまいます。言い換えれば自分の会社や家庭も同じです。先ずは自分の足元をしっかりと固める為にも、見栄や体裁を捨てがむしゃらに学ぼうではありませんか。研修委員会として先ずは、個人のスキルアップに繋がる企画・運営を行い、JAYCEEとして、社会人としてのスキルアップをし、足元を固めてまいります。またLOMとして最重要課題でもある会員拡大については候補者リストの更新をはじめ、全員が関われるよう連絡調整なども行い、そして、なにより会員候補者や新入会員に興味を示していただけるような研修事業の企画・運営をしていきます。

 

ちょっと無理して参加することができれば、より気づきや学びを得ることがきっとできるはずです。その時の気づきや学びを実践することで、絆を深め、メンバー自身が地域の要となるリーダーへと成長する事が出来るはずですすぐに結果は出ないかもしれませんが根気よく実践していければ、必ずやより良い方向へと進んでいけるはずです。そのためにも各々のちょっとした無理が自分を成長させ、会社や家庭、そしてLOMの成長へと繋がり、やがては地域への大きな力になると信じています。

 

JCに限らず人は人でしか磨かれない。だからこそ今、自分たちに必要な知識や経験を取り入れるため失敗を恐れず真剣に取り組んでいきましょう。私たち研修委員会は一丸となって本年度の事業を進めてまいります。

 

 

 

ちょっと無理して出かけてみよう、きっと素敵な友がいる・・・

 

ちょっと無理してやってみよう、きっと新しい自分が見つけられる

 

まず出来る事から始めよう、肩の力を抜いて、しかしあくまでも青年らしく前向きに・・・

 

さあ上着を脱いで、腕をまくって汗をかこう、机の上で考えるのは似合わない・・・

 

1993年度()日本青年会議所 会頭 岡田伸浩 先輩

 

 

 

【事業計画】

 

  1. 会員拡大

  2. 担当例会の企画・運営

  3. 3分間スピーチ